飲食店のイメージは制服で決まる【制服作りは専門店に依頼しよう】

Tシャツ

デザインを用意する

部活Tシャツを専門業者に発注する場合、費用の確認をしておきましょう。また、デザインを決めておくことも大切です。その上で見積もりを取り、他業者とも比較することをおすすめします。それから、枚数やサイズ、デザインのレイアウトなども確認しましょう。

Tシャツ

Tシャツの業者依頼とは

部活Tシャツは大会の為だけのユニフォームではなく、行事が終わった後でも思い出の品として残ることが殆どです。Tシャツ専門業者のTシャツは生地から縫製までしっかりしているので、長期で保管する場合でも問題はないでしょう。
Tシャツ

業者を選ぶポイント

大阪でオリジナルtシャツをプリントしてくれる業者を選ぶ場合、価格は発注数、生地、色、デザインによって異なるので電話やネットで見積もりをとることです。また、デザインに悩む場合はサンプルやカタログを提示してくれるなどサービスがあるところがよいです。

プロの技に任せよう

女性

コストと速さ

飲食店といえば日本食、イタリアン、フレンチなど様々な種類があります。各お店には個性が必要とされ、中でもひときわ目立つ店のポイントとなるのが制服です。飲食店の制服にはオーナーの思いや働く従業員の動きやすさ、店の表情をあらわす大切なものです。一般的には真っ白な制服がキッチン、シンプルかつ動きやすいものがホール用に適しています。そういった数パターンの制服をオーダーするときは業者に頼むのが一番です。プロにオーダーすることでロットごとに割引がきいたり、納期も通常よりも早く納品されることがメリットです。またサイズやデザインもプロのデザイナーであればある程度の融通が利きます。胸やエプロンのポケットなど飲食店ならではの必要な部分も見積もりの段階で提示してくれるため、納品後にデザインミス等が起きずに済みます。ネットで最低でも3社は見積もりを出して比較するのをおすすめします。店により得意不得意の分野があり、納期もバラバラです。オープンする前のお店であれば1か月前には準備しておく必要があります。一度サンプルを頼んでから材質を確認してみるのもよいでしょう。実物が届いたときに思っていたのと違うことがあります。ロット多数で頼んだあとでは取返しがつかないため、サンプル発注を早めに行いましょう。飲食店のイメージを決める大切な制服、妥協しない事とデザイン、店の名前をどこにいれるかなど落としてはいけないポイントを書き出してから発注しましょう。

Copyright© 2018 飲食店のイメージは制服で決まる【制服作りは専門店に依頼しよう】 All Rights Reserved.